三菱原子燃料は、総合原子燃料メーカーとして幅広い事業展開を続けています。そんな三菱原子燃料の概要や事業内容、取り組みを紹介していきます。

三菱原子燃料の概要

三菱原子燃料株式会社は、昭和46年に設立され、原子燃料メーカーとして加圧水型原子炉用ウラン燃料の開発・設計・製造・販売・輸送や沸騰水型原子炉用ウラン燃料の販売・輸送などを行っています。ほかにも、関連製品の開発・設計・製造・販売にも携わり、安定したエネルギー資源を確保し、提供し続けているのが特徴ではないでしょうか。

三菱原子燃料は、三菱グループが培ってきた研究成果を基に、技術改善やさらなる研究を重ね信頼性の高い原子燃料の提供を実現しているのです。高品質な原子燃料の提供は、安心・安全がしっかりと優先されてこそできるものであると認識しながら、事業を展開しているのが特徴です。

事業内容

三菱原子燃料では、ウラン鉱山で採掘されたウラン資源を加工し、原子燃料として原子力発電所で使い再処理することで、燃料のリサイクルを実現しています。限りある資源だからこそ、リサイクルし長期的に使用できるよう安定供給できるよう大きな役割を担っているのです。放射性廃棄物の処理や処分、輸送などの流れをしっかりと行うことで、より安心・安全を踏まえた事業展開ができていると言えるでしょう。

PWRの燃料の設計・開発・製造・販売とBER燃料の国内販売を主に行い、燃料とともに原子炉の炉心を構成するために必要な炉心構成品の製造や販売も手掛けているのです。

  • PWR:加圧水型原子炉用ウラン燃料
  • BER:沸騰水型原子炉用ウラン燃料

三菱原子燃料の取り組み

三菱原子燃料は、適切な運転状態を確保するために、事故を未然に防止したり事故の影響を緩和したりするための保安品質活動を行っています。JEAC4111-2009に基づき、放射線災害から自然を守るべく保安品質マネジメントシステムを構築し、より高い安全品質を目指して活動しているのです。ほかにも、労働安全衛生活動や環境保全活動にも積極的に取り組み、安全と環境保全に対して常に万全の体制を構築できるよう取り組んでいると言えるでしょう。

まとめ

三菱原子燃料の概要や事業内容、独自の取り組みについて紹介してきましたが、いかがでしたか。原子燃料メーカーである三菱原子燃料は、原子燃料の開発から輸送、使用まで、様々なサイクルを経て、より安心・安全な取り組みを行っていく必要があります。そのための保全活動における取り組みも、今後の事業展開の中で必要不可欠なものになっていくでしょう。