近年、様々な企業で女性が活躍できる職場環境の整備を行っており、実際に働きやすくなったと実感している方もいます。現在に至るまでに、女性の就業率は7割近くまで上昇しており、男性中心の企業風土はなくなりつつあるのではないでしょうか。働く女性をサポートする株式会社アトックスの行動計画についてご紹介します。

株式会社アトックス~「人を大事にする」風土~

株式会社アトックスは原子力施設における工事・メンテナンス、放射線管理、施設の維持・運用など、様々な業務を展開するエキスパート企業です。原子力関連事業や技術開発、福島復興事業など、活躍のフィールドが多彩なので、性別に関係なく働けるのではないでしょうか。また、次世代を担う人材を育成するために、トレーニング制度も整っています。アトックスの特徴でもある「人を大事にする」風土が、性別を超えて活躍できる労働環境を作っているのです。

株式会社アトックスの女性の活躍に関する行動計画

女性活躍を推進するためには、様々な準備が必要です。しかし、その分企業・社員双方が得られるメリットも大きいため、アトックスでは、性別を問わず活躍できるように、雇用環境の整備を進めています。慢性的な人材不足を解消できるように、2021年4月1日~2026年3月31日まで、この取り組みを行います。

現状、管理職における女性割合が低いことや、男女で比較すると勤続年数に差が生じていることが、アトックスが抱えている課題です。では、課題解決のため、具体的にどのような取り組みを行っているのでしょうか。以下では、女性の活躍に関する行動計画についてご紹介します。

目標1 管理職における女性比率を3%以上にする

課題となっている管理職の男女比率ですが、2021年4月1日の時点では、男性100%、女性0%という数値になっています。数値を見て分かる通り、厳しい状況ではありますが、行動計画の実施によって、比率の変化が期待されます。目標達成のための取り組みとして、オンラインを利用した女性社員同士の意見交換や、意欲や能力のある女性社員の積極的発掘を踏まえた人事異動案の作成、キャリアアップに役立つ人事諸制度の検討などが行われています。管理職の女性の割合を増やし、さらなる活躍を遂げられるような職場環境を目指しています。

目標2 男女の勤続年数の差を3年以内にする

アトックスでは男女の勤続年数に差が生じていることも、課題のひとつです。この差を縮めるために、定期的に社内の意識調査を行い、その結果を分析しています。また、柔軟な働き方や家庭と仕事の両立支援に関する社内制度の見直しや周知を行っており、女性がさらなる活躍を遂げられるような職場を目指しているのです。

充実した福利厚生

女性の活躍に関する行動計画の他にも魅力的なのが、充実した福利厚生です。ここでは、どのような制度があるのかみていきましょう。

[休暇]
年次有給休暇はもちろん、結婚・出産・育休、介護などに対応している休暇制度があります。何か事情があって出勤できない場合に、無理なく休暇を取れるため、家庭と仕事を両立しやすい環境を整えています。

[レクリエーション]
各事業所で行われており、社員同士が交流できる場となっています。幅広いジャンルのクラブ活動、社内旅行やレジャーなどが組み込まれているイベントなど、充実した福利厚生サービスを提供しています。このような場が設けられていることで、男女ともにコミュニケーションが取りやすいのではないでしょうか。

実際に働いている女性社員の声

誰もが働きやすい環境を実現するために、様々な取り組みを行っているアトックスで、実際に働いている女性社員の声をご紹介します。

[M.Iさん(RI管理業務・化学分析業務及び諸工事)]
福島第一原子力発電所事故以降、復興に貢献したいという気持ちでアトックスへ就職しました。
その中でも、女性管理職の方に憧れを持ち、第一線で貢献するために入社しました。
入社後、エンジニアリンググループの一員として様々な業務を経験しています。
実際に働いてみて、自然体で居やすいこの会社は、一人ひとりの個性を生かしやすい職場であると思います。

[A.Fさん(本社人事労務部)]
主に給与全般の業務を担っており、アトックスの社風に一目ぼれして入社しました。
会社説明会に参加した際に、働いている方々の暖かい雰囲気に魅力を感じ、アトックスの一員になりたいと思ったことが大きな決め手でした。
また、休暇や育児時短なども取得しやすい環境があるため、結婚や出産などを始めとする様々なライフイベントにも対応が可能であり、女性も働きやすい会社だと思います。

まとめ

働く女性が活躍する環境を作るために、アトックスでは様々な取り組みを行っていることが分かりました。行動計画では、女性の地位や勤続年数について目標を掲げ、人材不足を解決へ導こうとしています。現状は、まだ女性社員が少ないですが、2026年まで行われる行動計画によって、将来的に職場で活躍する女性が増加するのではないでしょうか。

関連記事:株式会社アトックスについて調査