アトックスが行っている福島復興事業の取り組み

株式会社アトックスでは、東日本大震災による福島第一原子力発電所の事故が発生して以来、その汚水処理や放射線管理などでさまざまな業務を担当してきました。それだけではなく、周辺地域の被害についても、除染試験や実験の段階からいち早く除染活動に協力を行っています。

2014年には、これらの事業を目的として福島復興支社を設立。さらに、資源エネルギー庁のかかげる「総合的線量低減計画策定」と「円筒容器内水位測定のための遠隔基盤技術の開発」のプロジェクトにも参加して、作業員の安全性を高めるためのさまざまな新しい技術開発にも取り組んでいます。

その復興事業の内容は、おもに廃炉工事、設備工事、環境施設、地域復興の4つからなっています。まず「廃炉工事」については、すみやかな廃炉の解体を目ざして、さまざまな方法で線量の軽減を行っています。汚染水が漏れていたフランジ型タンクにまだ残る水の移送。ステンレス鋼のカバーのクラッドの回収および清掃。

また、この事業のために開発された小型遠隔除染装置「RACCOONⅡ」を投入することで、より安全に除染や調査を実行しています。線量については、その調査のためにドローンで空撮も実行。施設内のなかでも、より高線量な場所の確認などを行っています。

次に、「設備工事」では、汚染水にふくまれるセシウムとストロンチウムの濃度低減を目ざしています。そのために、セシウム吸着装置「KURION」と第二セシウム吸着装置「SARRY」を建屋内に設置。その運転、および保守管理を行っています。また、以前から施設内にある多核種除去設備「ALPS」をさらに増設。その運転と保守管理も同時に手がけています。

これらの福島第一原子力発電所での作業にくわえ、「環境施設」では、復旧を行う作業員が被ばくで健康を損なわないように、その防護に極力つとめています。そのために、構内の放射線や放射能の測定を定期的に実施。ほかにも、自治体施設などで清掃を行っています。

「地域復興」に関しては、福島県内にある汚泥処理施設や浄化センター、除染工事などの施設で放射線管理を実行。対策地区内で発生した廃棄物の処理なども担当しています。また、福島復興支社に富岡倉庫を開業するなど、より地域の細かいニーズに応える姿勢も見せています。

このように、株式会社アトックスでは会社の最優先課題にその復興活動をかかげ、現在も積極的に力を入れています。今後も、さまざまな国内外の機関との技術協力などを通じ、一日も早い復興を目ざして事業を推進することを宣言しています。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です